読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログ記事URL変更後のgoogleへのインデックス変更依頼

はてなブログの記事URL変更

はてなブログでは記事ごとに記事URL(カスタムURL)を設定することが出来ます。

設定は記事の編集画面右側の以下のような画面からです。

f:id:tone_akadaya:20161121232031p:plain

 URLを記事の内容に近いものにしておけば、どの記事のURLだったか自分でも分かりやすいですし便利ですよね。

 ただし、一度公開した記事は割とすぐにgoogleにインデックス(検索に反映)されるので、公開後にURLを変更した場合にはURL変更前の結果が検索にそのまま残ってしまうことがあります。(時間が経てば検索も勝手に新しい方に変わったりするんでしょうか。)

 

本当は、古いURLからリダイレクトで新しいURLのページに飛ばしたい所ですが、これが出来ると、全く関係無い記事に別の記事から飛ばすことが出来てしまうので、SEO目的のリダイレクトも出来てしまいます。googleSEO目的のリダイレクトを認めていませんし、はてなブログも標準機能の範囲で任意ページへのリダイレクトは出来ないものと思います。

古いURLが内容の無いまま検索に残ってしまうと気持ち悪いですよね。

 

 記事URL変更後のgoogleへのインデックス変更依頼

古いURLを検索から消しつつ、新しいURLを検索に反映するには、具体的にはgoogleのSearch Console から URLの削除Fetch as Googleの機能を使っていきます。Search ConsoleのWebページは"Search Console"で検索すればトップに出てると思います。Search Consoleの詳細は以下ヘルプからどうぞ。

Search Console とは - Search Console ヘルプ

 Search Consoleの利用にはgoogleアカウントと何かしかの情報が必要だったと思いますが、google analyticsを使っていればすんなり利用出来たように思います。

(※ 詰まったらごめんなさい)

 

まずSearch Consoleから管理したいWebページのURLをプロパティを追加から入力します。

f:id:tone_akadaya:20161121233943p:plain

 追加したURLをクリックすると以下画面のようにダッシュボード以下に項目が表示されるので、

f:id:tone_akadaya:20161121234650p:plain

  • Googleインデックス - URL削除 :削除したい記事のURLを入力して削除依頼
  • クロール-Fetch as Google :変更後URLを入力してインデックス依頼

上記機能を利用します。(もう1階層くらい次の操作がありますが割愛)

URL削除は一日くらいラグがあります。

 

正直、リダイレクトが出来ないのであれば、ある程度アクセスがついている記事はもうURLを変えないほうが良いと思います。

ただ、まだ始めたばかりで「今の検索結果は無視しても良いからURLを変えたい」という人はURLを変えた上で上記操作を行うと、古いURLは検索から消えてくれると思います。

 

ではでは。